親子ほど離れた若い女性を「愛人」にする方法 R36

r36

今すぐ内容を確認する

高齢化社会の進展とともに、中年はもちろんのこと、前期高齢者でも性欲が
旺盛な人は少なくありません。

1934年生まれの徳田重男さんは、70歳に旅行代理店を定年退職した後にAV
男優としてデビューしたといいます(徳田さんは30歳に脱童貞)から、徳田
さんのケースは特異だとしても、プライベートでセックスを楽しむ高齢者が
少なくないのはバイアグラなどのED治療薬の売れ行きが好調な点から明らか
です。

しかし、中高年ともなると、なかなか若い女性と付き合うというのは難しい
ものです。

子供世代どころか、下手をすれば、孫世代の年齢になる場合もあるでしょう
から、出会い自体が少ないだけでなく、会話をしたくても話題が合わない
いったカルチャーショックを実感することも珍しくありません。

現代はジェネレーション・ギャップが進んでいますから、親子どころか5年
程度の年齢差でも全く住んでいる世界が違うといったケースが大半です。

一時期、援助交際という買春行為が流行しましたが、当然ながら犯罪ですし
金で女を買うわけですから、金の切れ目が縁の切れ目になることがほとんど
です。

金だけでつながる男女関係というのは、風俗産業を見ていればわかるように
非常にもろいものです。

中高年男性が若い女性を愛人にしようと思ったら、どのようなアプローチを
取ればいいのでしょうか?

元心理カウンセラーでネット起業家の村上宗嗣さんは「ステータス」の違い
が大きな影響を与えると指摘します。

しかし、ステータスと言っても誰もが考えるような学歴や職業などではなく
「自信」を持っているかどうかの違いだと村上さんは説明します。

自信のある男性に惚れる
という女性の傾向は本能的なものであり、モテない男性が負のスパイラルに
入る一方で、モテ男は自信があるから女性にモテて、その実績が自信を更に
深める「正のスパイラル」に入るという具合に二極化しているのです。

あなたが負のスパイラルから抜け出せないのであれば、R36が役立ちます。
自信がなくても「自信があるフリ」をするだけで女性にモテるからです。

【文章を開く】

サブコンテンツ

注意事項

本サイトでは一部のコンテンツが18歳以上限定となっております。
18歳未満の方は「18歳以上条件」カテゴリのコンテンツを見ないでください。
           

カテゴリー

このページの先頭へ